腸内細菌の力で腸活を極める!サプリメントで腸内環境を整えよう!便秘・美容対策には第3の食物繊維レジスタントスターチがおすすめ!

「なんだかお腹が重たい」「便秘の日々が続いている」「おならを我慢するのがつらい」こんなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?

腸内環境を整えることで、そんなお腹の調子もだんだんと良くなっていきます。

お腹の調子が整えば、毎日が楽しくなること間違いなしです!

腸内環境を整えるためには、良質な食物繊維やオリゴ糖を摂取することが大事です。さらに、第3の食物繊維と呼ばれる「レジスタントスターチ」、質の良い乳酸菌やビフィズス菌を含んだサプリメントを、日々の食事とともに摂取することがポイントです。

こちらでは、腸内環境を整えるための美容・健康対策をご紹介します。

腸活とは?便秘になりがちな腸内環境を整えるにはどうしたら良いの?

intestinal environment

腸活とは?

腸活とは一言で言えば、腸内環境を整えて健康な体づくりを促すことです。

腸は食べ物を消化して栄養を吸収してくれる場所ですが、それだけではない非常に多機能な器官であることがわかってきています。あらゆる病気は腸が原因とも言えますし、様々な指令信号を各器官へ送っているのも腸なのです。「腸は第2の脳」と呼ばれるには理由があるのです。

例えば、腸内の働きが悪くなると様々な老廃物が溜まります。老廃物が腸壁にこびりついて溜まると便秘になったり、あるいは水分の吸収が悪くなると下痢になったりもします。腸が活発であれば、蠕動(ぜんどう)運動が活発になり、水分も栄養もしっかりと吸収できますし、腸内細菌がきちんと活躍すれば、ウィルスなどの外からやってきた菌を撃退する免疫作用もあるのです。

便秘になりがちな腸内環境を整えるには

腸内環境を整えるには、善玉菌と悪玉菌のバランスを意識することが大切です。善玉菌が多い状態をキープしておくことで、お腹の調子が良くなります。

日々の食生活で栄養バランスが崩れて悪玉菌が増えてしまった場合は、腸活に良いとされる食事やサプリメントなどを摂取して、善玉菌を増やす働きを意識的に行う必要があります。

善玉菌を増やすには!美容対策には第3の食物繊維レジスタントスターチがおすすめ!腸内細菌の種類をご紹介

intestinal bacteria

腸内には 1000種1000兆個以上もの多種多様な腸内細菌が生息していると言われ、いまだ解明しきれていないのが腸内細菌の分野です。人によってもその構成は全く違います。近年、便から遺伝子情報を解析することで、ようやく腸内細菌のことがわかるようになってきました。

腸内細菌には、大きく分けて下記の3つの種類があります。

  • 善玉菌
  • 悪玉菌
  • 日和見菌

善玉菌は、有名どころではビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌などが含まれ、腸の状態を活性化させる元気な菌のことです。新陳代謝を促したり、免疫力を高めたり、ビタミンを合成したり、感染症を防御したりなど、非常に有用な働きをしており、体全体のめぐりをスムーズに活性化させる最大の功労者と言えます。

簡単に言えば、善玉菌が少なくなると体の不調が起こる、といっても過言ではないでしょう。善玉菌を増やす食事を摂ることが、美容と健康にとって、とても大事な秘訣なのです。

悪玉菌は、腸内で有害物質を作り出し、下痢や便秘の要因になったり、さらにはガンをはじめ様々な病気のきっかけを生み出します。ガス(おなら)の発生は悪玉菌が活性化している証拠とも言えるでしょう。

ただし、悪玉菌の働きの全容もいまだ解明されていません。普段は悪ぶっていても、絶体絶命の緊急時には、体を助ける動きもするようですから、無下に扱うことはせず少ない割合で飼い慣らすことが懸命だとか。

日和見菌はあまり聞きなれない名前ですが、これは善玉菌とも悪玉菌とも言えない中立の立場(未分類)に存在する菌です。普段はどっちつかずの無害な動きをしていますが、悪玉菌が増殖したりするとそちらに加担してしまうため、「日和見(ひよりみ)」と名付けられています。そういうどっちつかずの人って、皆さんの周りにもいますよね?善玉菌の味方でいてくれるようにご機嫌を取っていきましょう(笑)。

この3つをバランス良く保つには、レジスタントスターチ(水溶性と不溶性のどちらの働きもする良質な食物繊維=難消化性でんぷん)や、オリゴ糖などの、善玉菌が好物とされる食物を日々摂取する必要があります。それを「プレバイオティクス」と言います。

食物繊維には水溶性と不溶性があります!

ちなみに、水溶性の食物繊維は腸内細菌のエサとなり善玉菌を活性化させ、不溶性の食物繊維は腸のぜん動運動を活性化させて不要な便を排出させます。その両方の機能を兼ね備えたレジスタントスターチは第3の食物繊維とも呼ばれ、とても優れた食物繊維です。(未完熟のグリーンバナナ・冷えたご飯やさつまいも・豆類に多く含まれます)

善玉菌が大好きなオリゴ糖や食物繊維は、野菜や果物、海藻、穀類、芋類、豆類などに含まれていますが、1日の必要摂取量まで達するのは容易ではありません。そんな時はサプリメントで補うのが効率的な美容・健康対策です。

腸活で話題の「シンバイオティクス」とは?

腸活には、今自分の体内にいる腸内細菌を活性化させる方法と、菌そのものを摂取する方法があります。

前者を「プレバイオティクス」と言い、オリゴ糖や、穀類・芋類・豆類・果物・野菜・海藻等に含まれる食物繊維を摂取することを言います。後者を「プロバイオティクス」と言い、ヨーグルト・納豆・漬物などに含まれる乳酸菌やビフィズス菌、酪酸菌などの菌そのものを摂取することを言います。

「シンバイオティクス」という言葉も最近耳にするようになりました。それは、その両方をバランス良く行い、腸内環境を整える腸活のことを言います。

つまり、ヨーグルトを食べるだけではダメ、食物繊維を摂るだけではダメ、その両方をキッチリ摂ってこそ、最大の効果を得られますよ、という考え方です。

しかしながら、普段の食事でこの2つをバランス良く摂取するのはなかなか難しいことと思いませんか?「この食材はプロバイオティクスで、この食材はプレバイオティクス」などと考えて料理を作ったり、ご飯を食べたりする人は、専門家でない限り少ないでしょう。

和食は腸活に最適なメニュー!

実は小皿料理で食材の種類が多い和食は、最もシンバイオティクスに近く理想的です。お漬物や味噌などの発酵食品には乳酸菌が含まれますし、お豆腐や海藻の小鉢や、お芋の煮っころがしなんて最高の腸活メニューです!(笑)

洋食化が進む現代の日本人にガンなどの病気が増えているのは、腸内環境に原因があると言われるのも納得ですね。

まずは食事(食材)を見直すことが最大の腸活ですが、腸活に良いサプリメントを食事にプラスして補給するのも、腸内環境を整えるのに良い美容・健康方法です。また、良質で多機能なサプリメントは、摂った食事の栄養素を最大限に活かす力があります。

腸内環境を整えるサプリメントをお探しなら林原LSIサプリ

ここでは腸内環境を整える方法や腸内細菌について紹介しました。

腸活を行う上で腸内フローラを意識した食生活を心がければ、腸内環境も安定します。

食事での改善が難しい場合は、腸内細菌をバランス良く整えるサプリメントがおすすめです。

腸内環境を整えるサプリメントをお探しの方は、林原LSIのサプリメントをご利用ください。レジスタントスターチを含んだグリーンバナナや、良質なオリゴ糖(乳糖果糖オリゴ糖)を含んだサプリメントを扱っています。さらには、ビタミン類、ポリフェノール、アミノ酸などの天然の素材を複数使って独自に配合した、健康維持を促すサプリメントを開発しています。

腸内環境にご注目されていてお悩みの方、腸活・美容・健康・若返り対策のサプリメントに興味のある方は、ぜひ林原LSIの商品をご検討ください。

【おすすめ商品】

腸活サプリの決定版「フローランα

腸活とアンチエイジングをひとまとめ!

オールインワンサプリメントの決定版「KMN」(ケーエムエヌ)

クロロゲン酸を含むサプリは林原LSI

会社名 林原LSI株式会社 (Hayashibara LSI Co.,Ltd.)
住所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館ビル2F
TEL 03-5544-8931
MAIL info@hayashibara-lsi.jp
URL https://hayashibara-lsi.jp
役員 代表取締役社長 濱田卓二郎
取締役 濱田麻記子
取締役 林原恵子
取締役 高谷賢治
監査役 山中康夫
設立 2017年10月5日
資本金 1000万円