なぜ腸内フローラのバランスは変動するの?

善玉菌・悪玉菌・日和見菌で構成される腸内フローラは、食生活をはじめ、様々なことが要因となりバランスが変動します。以下では、その要因についてまとめましたので、ぜひご一読ください。

バランスを変動させる主な要因

バランスを変動させる主な要因

食生活の乱れ

悪玉菌が好む高脂肪、動物性たんぱく質に偏った食生活は、ウェルシュ菌などを増やしてしまいます。

特にファストフードばかり食べるような、典型的な欧米食は注意が必要です。また、間違ったダイエットで食事制限をすることも避けましょう。

服薬

すべての薬が腸内フローラのバランスを崩すのではなく、抗生物質などが対象です。抗生物質は病原菌と一緒に腸内細菌まで排除することがあり、善玉菌が減ってしまうことがあります。

過度なストレス

緊張や過労などで強いストレスを感じると、胃や腸の働きが弱まって消化液や腸内分泌液の量が減り、腸内フローラのバランスが乱れる原因になります。

運動不足

慢性的な運動不足は、便の排出を助ける腹筋や腹圧を弱めてしまいます。すると大腸の中に便が溜まり、有害菌が増殖しやすくなるのです。

細菌汚染

例えば食中毒のように、腸内で毒素や食中毒菌が増えてしまうと、腸管粘膜が破壊されて腸内フローラのバランスも乱れてしまいます。

実は加齢も関係している!

実は加齢も関係している!

上述した要因であれば、生活習慣を見直すことで改善が可能ですが、実は加齢も腸内フローラのバランスを変動させる要因の一つとなっています。

赤ちゃんの頃は、腸内にいる悪玉菌が少なく、乳酸菌が主に存在している状態です。それが成長と共に変化し、成人になると善玉菌と悪玉菌のバランスがとれた腸内環境になります。

ところが、年齢を重ねるごとに善玉菌が減少し、どんどん悪玉菌が増殖していくことがわかっています。老化は誰にも止められませんが、だからこそ腸内環境に直結する食生活の見直しが大切なのです。

毎日の食事の大切さ

腸内フローラのバランスを乱さない食生活とは、善玉菌が喜ぶ食材を摂ることがポイントです。

例えば、善玉菌の大好物である果物や野菜、海藻(食物繊維)などを積極的に摂り、悪玉菌のエサとなる高たんぱく・高脂質の肉類は減らした食事内容をこころがけましょう。

ただ、毎日こうした食生活を送るのは難しい方も多いでしょう。そのような方は、サプリで必要な栄養を補うことをおすすめいたします。

林原LSIでは、乳糖果糖オリゴ糖を配合したサプリ「フローランα(活)」を販売しております。腸内に届きやすい加工を施したカプセルを使用しておりますので、健康な毎日を送るために、人気のサプリを活用しようとお考えなら、ぜひお役立てください。

サプリで健康な腸内フローラを目指すなら林原LSIへ

会社名 林原LSI株式会社 (Hayashibara LSI Co.,Ltd.)
住所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館ビル2F
TEL 03-5544-8931
MAIL info@hayashibara-lsi.jp
URL https://hayashibara-lsi.jp
役員 代表取締役社長 濱田卓二郎
取締役 濱田麻記子
取締役 林原恵子
取締役 高谷賢治
監査役 山中康夫
設立 2017年10月5日
資本金 1000万円