毎日飲みたい安定型ビタミンC誘導体のサプリ!そもそもビタミンCとは?

健康維持だけでなく、美白などを求める方からも高い注目を集める成分、ビタミンC。名前こそ有名ですが、どのような働きをしているのか、詳しくはわからないという方も多いと思います。そこで、こちらではビタミンCの基礎知識から改めてご紹介いたします。

ビタミンCの基礎知識

ビタミンCの基礎知識

ビタミンCは化学名をアスコルビン酸と言い、オレンジ果汁から発見された水溶性ビタミンのことを指します。哺乳動物の多くは体内でビタミンCを合成することができますが、人間や一部の動物は合成に必要な酵素がなく、食事によってビタミンCを摂取しなくてはいけません。

ビタミンCが発見された16~18世紀の大航海時代、新鮮な野菜や果物の摂取が難しい船員たちは、ビタミンCが不足して壊血病になることが多かったようです。ビタミンCはコラーゲンの生成にも関わる大切な化合物のため、不足すると血管が弱くなって出血を起こしやすくなります。

この状態を壊血病と言い、他にも貧血や筋肉の減少、呼吸困難などを引き起こすことがわかっています。

ビタミンCはどのような働きがあるのか?

ビタミンCはどのような働きがあるのか?

ビタミンCは体内でコラーゲンをつくり、毛細血管や軟骨、歯などの健康を保ちます。また、鉄の吸収を助けて貧血を防いだり、酵素の働きを助けて肝臓の作用をサポートしたりと、健康面で大きく貢献しているのです。

美容面では、日焼けから身を守る働きがある他、コラーゲンが肌の状態を整えてくれます。他にも、ストレスに負けないようステロイドホルモンをつくり出すため、イライラを抑える働きもあります。

一日のビタミンC摂取基準量

人間は体内でビタミンCを生成できないため、食事などから意識的に摂取する必要があります。一日の摂取基準量は成人で100mg(厚生労働省「日本人の食事摂取基準 2015年版」より)となっており、目安としては、緑黄色野菜を両手一杯、淡色野菜を両手二杯とイメージしてください。

ビタミンCが多い食材を具体的に挙げると、ほうれん草やブロッコリー、ピーマンといった野菜類、みかんやいちごなどの果物、イモ類や緑茶などがあります。

ビタミンCは熱に弱く、加熱すると分解されてしまいますが、でんぷんによって保護されるイモ類は、調理後にも比較的多くビタミンCが残る食材です。

林原LSIでは、熱・酸素・光などに強く、酸化や分解されにくい安定型ビタミンC誘導体のサプリ「ビタミンC-α(美)」を販売しています。

食事からはなかなか1日の摂取基準量を摂ることが難しいですが、サプリを活用すると、安定型ビタミンC誘導体を手軽に補うことが可能です。

通販で全国にお届けいたしますので、良質な安定型ビタミンC誘導体のサプリをお探しの方は、お気軽に林原LSIよりお買い求めください。

安定型ビタミンC誘導体のサプリは林原LSI

会社名 林原LSI株式会社 (Hayashibara LSI Co.,Ltd.)
住所 〒105-0001 東京都港区虎ノ門2-2-5 共同通信会館ビル2F
TEL 03-5544-8931
MAIL info@hayashibara-lsi.jp
URL https://hayashibara-lsi.jp
役員 代表取締役社長 濱田卓二郎
取締役 濱田麻記子
取締役 林原恵子
取締役 高谷賢治
監査役 山中康夫
設立 2017年10月5日
資本金 1000万円