林原健より皆さまへ

健康とは。人生とは。

私は19歳の時、父の会社を継ぐこととなり、69歳の時、手放すことになりました。どちらも私の意に反する突然の出来事であり、その間多くの人にご迷惑もおかけしましたが、50年にわたる社長業の中で、やれることはやったという自負のような思いもあります。

今、76歳となり、人生の最後をいかに終えるのか、そんなことも考えるわけですが、病院のベッドでチューブに絡め取られた状態ではなく、元気な姿のまま寿命をまっとうしたいと思っています。

私の研究の一つに「いかに死の直前まで元気でいられるか?」があります。 それは「若返り」と一言で言ってもよいかもしれません。 現在も様々なことを考えておりますが、林原LSIのサプリメントも、その一助になればと思い、託したものです。

例えばガンという病気があります。ガン細胞は、人間の目に見えるまで大きくなるには、10年〜20年かかるといわれます。したがって今、私たちが行なっている日々の生活は、健康面だけとってみても、10年〜20年先に結果が出るということです。

全てのことにおいて、このような考え方が必要と思っています。 毎日の積み重ねが、その人の人生を決めていくのです。

亡くなる直前まで元気で健康で、ある日突然ポックリ逝くことを、俗に「ピンピンコロリ」といいますね。私の理想です(笑)。 生きているのか死んでいるのかわからない人生ではなく、最後の最後まで頭も体も元気に、私は私でいたいと思っております。それが私の考える「健康」です。


※がん細胞が体内に発生して医学的に発見できる大きさ(直径約0.5センチ=1グラム=がん細胞10億個)になるまで、5年から20年、平均約19年かかるといわれている。(参考:三石巌「医学常識はウソだらけ」, 吉田治「がん遺伝子治療はここまで進化した」)

林原健

本の紹介

日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか

林原健 渾身の新著!
岡山発世界的バイオ企業の元社長が、
今、本当の人生を歩み始めた!
日本を変える独創力&直観力の源がここにある!

2018年5月発売!
ベスト新書(KKベストセラーズ)

ご注文はこちら

林原 健

フェロー・研究者・企業家。
学校法人順正学園 名誉客員教授。株式会社林原健307取締役。
元株式会社林原 代表取締役社長。
昭和17年1月12日、岡山県生まれ。

株式会社林原では、トレハロース、インターフェロン、高純度マルトース、プルラン等、でんぷんを元にした新しい糖質を開発、世界シェアを席巻する。2011年、代表退任後は、独自のネットワークで研究・開発を続けている。

受賞歴
科学技術功労賞 (1975年)
藍緩褒章 (1997年)
主な著書
「私の履歴書」(2003年)日経新聞社
「林原家」(2014年)日経BP社
「日本企業はなぜ世界で通用しなくなったのか」(2018年5月)KKベストセラーズ